海を越えて届く売れっ子商品が納品されるまで

物販ビジネスを始めて、そろそろ1年。

中には、売れ筋商品も数種類あります。

大切なのは、在庫を切らせないこと。

在庫が切れると、途端にAmazonランキングに影響します。

それまで上位にランキングされていた商品でも、

これで露出度が極端に減ってしまうと、

元の順位に戻すのには、時間も手間もかかります。

やっていけないことの一つが、在庫切れ。

そういった点を気を付けながら、

年に何回か、商品を発注するんです。

まとめて発注して、送料を節約します。

ですから中国からの荷物が納品されるときは、

ある程度、まとまった量になります。

作業日程も、考慮しなければなりません。

いざ海を渡って、我が社の売れっ子ちゃんが

やってきてくれると、それは嬉しいものです。

定番商品を納品してもらう時には、

テストマーケット商品も、必ず発注します。

この納品の際は、入管に関して電話で

数日前問い合わせが来ていました。

近日中の納品は予定していたのですが

それから日を置かず納品されました。

早っ

面白かったのは、その問い合わせです。

ちょっとした赤ちゃん用品を購入したんです。

invoiceにはライスと記載してあって、

それが何であるのかの問い合わせでした。

ライス米は、食品なので

管理している法律があります。

そこをクリアするには要件があります。

輸出入物販ビジネスの初期は、

食品など、手のかかる商品は避けるのがセオリー。

私もそれらの原則を守りながら進めています。

ライスとカンケーない赤ちゃん用品に関する誤解は、

中国の代理店が商品を正しく理解していないことが原因でした。

これは、中国側代理店と購入側私の

双方できちんと確認をしておく必要があったんですね。

私の判断ミスでした。

日本と中国では文化も言語も違い、距離も離れています。

きちんと話をすることは、当たり前のことですね。

そういった細かい気遣いや配慮が、

外国とのビジネスを成功させるためには必要です。

ここで、こちらがお客様だからとか、

中国ってさみたいなえらそうな態度で、

クレームつけると、うまくいきません。

お互いがウインウインになることが、

ビジネスの成功を加速させ、

一期一会の出会いを豊かなものにします。

日本人相手のビジネスでも、同じです。

お互いを尊敬し合い、信頼し合った先にこそ、

本当に得たい未来があるわけですよ。

ビジネスって、夢を達成するためのひとつの手段。

特にこの物販ビジネスはね。

楽しく仲良くコミュニケーションをとりつつ、

誠実にきっちり、やるべき事をやればよいのです。

そんなプロセスや、やりとりを経て、

海を越えて、やって来てくれた商品ちゃん達!

大事にしつつ、大胆に展開していきます。

まだまだ企画している商品がありますので、

ボヤボヤしている暇ないんですよ、ほんと!

ウキウキ

私が取り入れている、本当に誰でもができる

物販ビジネスの方法を学べます。

売れる商品を探す方法と、マーケティングなしで簡単に商品を売る方法を学ぶ実践編!

9月16-17日