気丈な母

病を次から次へと発症させてしまい辛くとも気丈になってしまった母

病に翻弄され罵声されたり弱音や愚痴を唯一家族で聞き続けた私は同じ様に疾患を持ち始めていたり

事を悲観していた若い頃だったが

今は自分も母として強くなり

実の母の弱音を親身に聞いてあげて励ましたり出来るようになれた事が少し嬉しい ううん 本当は凄く嬉しい

母は幼い頃から幼稚園 学校で、また仕事柄お付き合いや学校での延長上あらる宗派に身を置かねばならず 病も若い頃から当時の改善事例の少ない物を患い 幼い娘二人には理解が難しい病でもあり 私たちも理解に苦しんだ

父との口喧嘩も止まらなくなり時期は短い方かもしれないが 続いた時もあった

しかし父の努力が大きく 昇任の転勤を要請されたが、妻が病のためと辞任 辞任するからには退社を表明することになる。 自宅から近くの小さな勤務地を直ぐに見出し また、近所への母の病の理解を求めるため親睦を厚く計り地域ごと応援した。

結果努力は実り母の状態は快方へと向かって行った。それでも30年 その病は母の中から出て行くのに時間はかかった。。。

今は年のせいもあり悪い物が見つかり摘出しては

その後遺症とリハビリの日々と再発防止

また新しく発見された悪性のものの摘出と

そのリスクやその後の後遺症など

少しずつ軽減してると私は思う

手術はやリハビリは辛いが

悪い物は出し切って

傷は残るかもしれないが

病の消えた心身で最期は不浄でいて欲しい

人は最期が一番美しくなるとも言うからだ

どんどん穏やかになって欲しい

気丈だったかもしれないけれど

心の底からの安堵感で生きていて欲しいと願う

それが かなってきているんじゃないかと実感する

広告を非表示にする