境港妖怪ジャズフェスティバル

7月22日(土)、境港妖怪ジャズフェスティバルに参戦しました♪

暑い暑い境港(@_@)

今日は気温37度とか…?

→Pia-no-jaC←の出演はトップの16時30分。

…の前に、境港市長のご挨拶と地元青年会議の方からの翌日のみなと祭の告知。

この際の会場隣接ちびっこ遊園地「イケイケビンビンランド」の宣伝が大爆笑!

暑さでとろけた様な緩〜いオリジナルテーマソングを歌うステージ上のリッキーとケビンww

リッキー、鈴木雅之風に濃いサングラス、黄色いジャケット姿。

顔に黒の靴墨でも塗ってるんだけど、汗で半分流れている感じ…(^o^;)

ケビン、さっきまで説明していたお兄ちゃんww

歌のタイトル「イケイケビンビンランドのテーマ曲」。

リ「♪ビンビンビン ランドラン〜ド ビンビンビン ランドラン〜ド ビンビンビン ランドラン〜ドォ〜♪」

ケ「イッケ、イケイケ!」調子っ外れな(←辛口ww)歌の無限ループ( ̄▽ ̄;)

……彼らにはリハの時間や練習時間は無かったのかな?(←こら!)

耳からメロディが離れないって…(^o^;)

だるんだるんに弛んだ空気の中、→PJ←登場(笑)

登場のBGMはZeppelinの「Rock And Roll」。

今日はさすがに半袖つなぎの二人(^o^;)

セットリストは

1.台風

-MC-

2.アベマリア

3.主よ、人の望みの喜びよ

4.うさぎDASH

5.残月

6.METROPOLIS

7.Jack

初っぱな、イントロ弾きながら「あっちい」と言ってるHAYATOクンww

この「あっちい」は、気温の「暑い」と鍵盤が「熱い」の両方か?

この暑さに負けず、わりと攻めるセトリの今回。

2曲目で「アベマリア」が来たよ…(^o^;)

開演前に「席を立たないように」とアナウンスがあったため、皆、自席で座ってホイホイ(笑)

今回、曲名紹介は無かったため、「主よ〜」の噛み噛みは聞けずww(←期待してるものが違うww)

演奏始めると自ら熱い熱い演奏をしてくれるHIROクンとHAYATOクン。

ホントに嬉しそうです♪

「ウサギDASH」では変な外人風に会場を煽るHIROクンww

「お前、なに人やねん?」

と突っ込むHAYATOクン。

「残月」からの「METROPOLIS」はメドレーで。

「声出して!声出して!」「まだ行けるやろ!」「そんなもんか!」と煽るHIROクン。

HAYATOクンもXタイムは攻める、攻める!

容赦というものがカケラもございませんww(^o^;)

ラストは「Jack」。

さすがにここでは立ち上がるJackerS続出。

私、体力温存で着席(^o^;)

ラストなんだから、この1曲くらいはHIROクンから「立ってもいいんやで」と会場に言って欲しかったけど…ま、トップでしたから会場ルールを守る方向でいったのだと思います。

キーボードを立てると「うわ〜!」と湧き上がる歓声はJackerSにもとっても嬉しい♪

約50分の演奏で終了。

この後は次の演者SOIL終了後位に徳島に向けて出発した→PJ←ファミリーご一行様でした。

以下は→PJ←以外の出演者について…。

☆SOILPIMPSESSIONS

会場外で聴いてましたが、骨太な風貌、骨太なジャズ。

若干オラオラ系?(^o^;)

煽りのMCに応える歓声が会場外まで大きく響いてました。

開演前にランチで入ったカフェに社長さん含む3名で入って来られた時はラッキー♪(o^o^o)

社長さんだけは、4月のTRI4THライブでお見かけしているので直ぐに分かりました♪

でもお声掛けるには至らず。

インスト好きのJackerSさんから「妖怪ジャズの予習に♪」といただいたCDでしか知らないし。

何せ風貌に若干の威圧感が…(^o^;)←こら!

岸谷香

白のフェミニンなトップスにデニムで登場した香さん。

グランドピアノに向き合い、1曲目はプリプリの「世界でいちばん熱い夏」。

イントロが流れた瞬間、うわ〜!と会場からどよめきが。

キュートな笑顔に「かわいい〜♪( 〃▽〃)」の声、声。

高校生と中学生の子供がいるんだとか…見えない(^o^;)

スペシャルなのはコラボしたから…と言って、ステージに呼んだのはH ZETTRIOヒイズミくん。

2人で1曲演奏してくれました。

この後のMC

「最高でしたー♪よーしゴキゲンになっちゃったから、次いきます♪1、2、3、4ー!」

甘いハスキーボイスでのこの発言…どうよ?

かわいすぎる( 〃▽〃)

萌え死ww

更に来週発売のアルバムの告知では、地元のCDショップ名を出して宣伝するお茶目さ♪

ラストは

「次で最後の曲になります。感謝の気持ちをいっぱい込めて。皆さん、何の曲が聴きたい〜?」

会場の複数の声に応え

「だよねー」

と言って、弾き始めたイントロは「M」。

会場女子の泣き率一気にアップ。

最後はスタンディングオベーションでした。

佐藤竹善×露崎春女×秋田慎治

竹善さん、春女さん二人のボーカリストに秋田さんのグランドピアノでの伴奏。竹善×秋田、春女×秋田、竹善×春女×秋田等のバリュエーションに富んだ組合せ。

竹善さん、色々なフェスで聞いてるのに、声質と音楽があまりにも居心地好すぎて、いつも休憩タイム用だったww(←こら!)

今回、きちんとノンアルコール体質でがっつり聴きました。

やっぱり声の周波数が…気持ち良い( 〃▽〃)

露崎春女さん、高々と結ったお団子ヘアに真っ赤なトップス&パンツにゴールドのサッシュベルトで颯爽と登場。

歌うジャズナンバーは迫力と気持ち良い高音で魅せます。

チュニジアの夜」のボーカルバージョンは初めて聴きました♪

カッコいいわ〜( 〃▽〃)オリジナル曲「キセキノハナ」は歌詞が泣ける。

ハイトーンボイスが泣ける。

香さんの「M」はもう泣けなかったけど、これは沁みてぼろぼろ泣いてました。

秋田さん、1曲だけソロで披露されました。

伴奏もステキでしたが、ソロもなかなか。

しかし複雑な曲だなぁ…な感想(^o^;)

ラストは3人に岸谷香さんを加えてビートルズのナンバー。

カッコ良かったです♪

H ZETTRIO

トリオさん、私は今回生は初めて。

ピアノ、ドラム、ベースのトリオ。

今回の妖怪ジャズフェスのトリということもあり、1曲目から総立ち状態!

事前に予習用にCDをもらってたから若干分かりますが、アフラック生命CM曲が一番しっくり(爆)

踊りながら「フー!」と声を皆で入れたりで、踊れるジャズ。

TRI4THとはまた違うノリ。

でもゼトリオもトラも、ジャズのフレーズやリズムを入れていて、聴いていてジャズと感じるカテゴリー。

→PJ←は…違うんだよねぇ…不思議ww

だからCDショップで、→PJ←がどのジャンルに置いてあるか、毎回悩むんですけど(笑)

かつてFCに入ったくらい椎名林檎好きな私ですが、「東京事変」からはスルーしていたので、ヒイズミくんは知らんかった…(爆)

はい、そんなかっる〜いファンですw( ̄▽ ̄;)

しかし、ゼトリオ・ヒイズミくん、スゴいねぇ。

踊りながら、くるくる回りながら軽々しく弾くキーボード。

リオデジャネイロオリンピック、閉会式の音楽にも関わり、勢いあるH ZETTRIO

スゴいですわ。

トリだったので、会場からアンコールが掛かり、再び登場したH ZETTRIO

アンコールは岸谷香さん交えて「Diamonds」。

最終の境港線に座って乗るため(←ここ重要・笑)、Diamondsは会場外で聴きましたが、歩きながら歌いながら(笑)で良かったです。

楽しかった妖怪ジャズフェス。

来年も来られたら良いな〜♪

次回はツアー初日@大阪予定です♪