はじめてカンジダになったのは高校3年生の時

デリケートゾーンが痒い。

やっぱり人に言いづらいですよね。

私が初めてカンジダになったのは高校3年生の11月でした。

最初はなんだかムズムズするからはじまり

だんだんカユミはエスカレートする。

授業を受けている時も

友達とおしゃべりしている時も

自転車で通学している時も

頭の中はカユイ!!カユイ!アソコがカユイ!!の無限ループ。

場所が場所だけに誰にも言えず

なんと私は2月もガマンしていました。笑

その時の自分が目の前にいたとしたら抱きしめてあげたい。

ガマンなんてする必要ないんだよ〜。

早く病院に行こう!と優しく病院に付きそうでしょう。

それくらい誰かに言うのが恥ずかしかったんですね。

私は母に打ち明けました。

母は今の私と同じような反応をし、病院に連れていってくれました。

なんでも母もはじめて高校生の時にカンジダにかかり

その時大好きだった家庭科の先生が病院に連れ行ってくれたそう。

母の母祖母はちょっと神経質で厳しい女性だったので

言いにくかったのでしょうね。

良い先生がいてくださって良かったな〜

もし、これを読んでくださっているあなたが

初めてデリケートゾーンに激しいカユミを感じたら

迷わず、病院に行きましょう!

思うほど恥ずかしくないです